コンテンツを低評価する人に限ってコンテンツを理解できていない

コンテンツを低評価する人に限ってコンテンツを理解できていない

コンテンツ(ブログ記事、ソーシャルメディアでの投稿、本、機材などなど)に対して評価をするのは良いことです。

自分以外の人のレビューを読んだり、評価を読むことは参考になります。しかし、中には「お門違いな評価」をする人がいます。

コンテンツの対象者がわかっていない

どんなコンテンツにも「対象者」が設定されているものです。例えば「初心者向け」「上級者向け」「男性」「女性」「年齢」などを想定してコンテンツは作られています。

お門違いな評価やコメントをする人は、これがわかっていません。

わかっていれば「初級者向け」のコンテンツに【内容が初歩的】【一般的】【浅い】などという評価はつけません。

コンテンツ制作側からしても「いやいや、そもそもあなたは対象者じゃないから」と一言ツッコミたくなることも。

勝手に押し掛けてきてケチつけてるようなもの

これはパソコン教室に押しかけて「はじめてのパソコン」のレッスンに参加して【そんなことはわかってる。目新しくない。普通だ。】などとイチャモンつけてるのと何ら変わりありません。

さもしすぎやしませんか?

他人の振り見て我が振り直せ

自分もなにか評価したり、コメントするときは「自分がコンテンツに取って対象者なのか?」「どのポジションにいるのか」をよく考えてたいと思った今日この頃です。

スポンサード

コンテンツを低評価する人に限ってコンテンツを理解できていない