僕が海外に行って友人や知人にお土産を買わない理由

僕が海外に行って友人や知人にお土産を買わない理由




今、ハワイのワイキキに来ています。そしてブログを書いてます。今回でハワイに来るのは2回目なのですが、意外にも満喫してます。

旅ブログとして何か書こうと思っていたのですが、書くネタがない!今回のハワイは家族サービスなので、下調べもなにもしていません。自分で調べてないし、知っていることも僕がこのブログで書く必要性がない…

というわけで、自分の海外旅行について書こうと思います。

海外旅行に行ってもお土産を買いません

僕は海外旅行に行っても自分以外の人へお土産を買いません(例外あり)。バックパックでの旅なら当然といえば当然なのですが、普通の海外旅行でもお土産は買いません。僕自身も、誰かからのお土産は要りません。僕なんかに買うより自分のためにお金を使ってください。

というわけで「自分がお土産を人に買わない理由」を2つご紹介します。一番お理由は「あげた」「もらった」「お返し」というのが面倒くさいからなのですが。

食べ物:貰った人も美味しいと感じるかはわからない

お土産で食べ物ってよくあります。現地で「美味しい!」と思って買って日本に帰って、改めて食べてみると「あれ?そうでもない…」という時ってありますよね。

現地で、現地の雰囲気や心持ちだからこそ美味しい!と感じるのだと思うので、それを一緒に行っていない人にお土産として渡しても、相手が「美味しい」と思うかはわかりません。

また食べ物は好き嫌いがあるので、「食べれば後に残らない」便利なお土産でもありますが、相手のことをよく知っていないと誰に何を買って帰るのかの選択が難しいですね。

物品:行っていないのに貰ってもしょうがない

食べ物以外のお土産。キーホルダーやTシャツや置物などの消費されないものって、ありがた迷惑になりかねません。

貰った人は旅行に行ってないので、当然そのお土産に対して何も思い出がないんです。そんな物は全然いらないですよね。よほど受け取った人に「もらったことで得られるプラス」がなければ、ほとんどの場合はありがた迷惑になると思っているので買いません。

しかも食べ物と違って、無くならない…要らないと思っても捨てづらいと厄介さ満点です。

お土産を買うとき

旅行前に「買ってきて」と頼まれた場合は買って帰ります(頼まれているので、お土産ではないかもしれませんが)。日本で買うよりも安く買えるものや、自分が好きな食べ物などは、それが買える国に行く人にお願いすることもあるでしょう。

他には帰国後に会う予定が決まっている「お互いによく知っている仲(親しい知人や友人)」にはお土産を買うことがあります。また帰国直後に会う予定がある凄くお世話になっている方にも買います。

ただ毎度の事ですが、必要最小限の荷物しか持っていかないのと、スーツケースを持って海外に行くことがないので、持って帰れる物に量も含めて制限があります。

ブログ後記:2回目のハワイで思うこと

僕が海外に行って友人や知人にお土産を買わない理由

ワイキキは見事に日本ですね。買い物、食事、移動、ありとあらゆるところで、(必要最低限の)日本語が通じます。というか日本人観光客だらけで現地の人が日本人慣れしてる。

個人的には海外を旅しているというよりも、箱根あたりの温泉に保養に行っているのと同じ感じです。家族でのんびり過ごしたい、海外慣れしていないし、フワッと海外気分を味わいたいって時には良いですね。

自分はもっとアウェーな海外が好きなので、海外旅の熱が「海外で暮らしたい」という点では増してますが、ターボを入れてるエンジンほどではありません。

2015年は、まだ海外に行くかもしれません。行く国は、がっつりアウェーで日本人が行かないような国なので、その時はガンガンブログ更新して動画も投稿したいと思ってます。

swimming with iPhone!

Satoshi Endoさん(@satosahi)が投稿した動画 –

↑カイルアビーチで泳いできました。久しぶりに立ち泳ぎをしたので5分もしたら沈みそうでした。(iPhoneを防水パックに入れて撮影)




僕が海外に行って友人や知人にお土産を買わない理由