GoPro HERO7 Blackの手ぶれ補正が凄すぎて、思わず予約購入したぞ!

GoPro HERO7 Blackの手ぶれ補正が凄すぎて、思わず予約購入したぞ!

2018年9月20日にGoProから新しい商品が発表になりましたね。新しく登場したのは「HERO7 Black」「HERO7 Silver」「HERO7 White」の3つです。

なかでも「HERO7 Black」は、かなり機能が進化しているようです。発表直後は「買った人の使用感やレビューを見てから買うか決めようかな」と思っていたのですが、YouTubeで海外のレビュー動画を見ていたら「これは買いだろ!」と、思わず予約をしてしまいました。

GoPro HERO5以来のGoPro購入となります。

GoPro HERO7 Black

各GoProカメラの機能比較:https://jp.gopro.com/help/articles/block/compare-cameras

GoPro HERO7 Blackを買った理由

私がGoPro HERO7 Blackを購入した理由は3つあります。

過去最高の手ぶれ補正

では「HyperSmooth」と呼ばれる手ぶれ補正機能があり、手ブレを抑えるための「ジンバル」を使っているかのような手ぶれ補正が実現しているそうです。

さらに4K/60FPSでも手ぶれ補正が使えるということで、手ブレも少なく、映像も綺麗なクオリティの高い撮影が可能になっています。

私は「手ぶれ補正」にこだわっていて、GoPro用のジンバル「FREEVISION VILTA」を購入して使っています。

アクションカメラの場合は、旅行やちょっと出かけた時に手軽に撮影できることが重要なので、なるべくジンバルを使わずにコンパクトにカメラ1つで撮影できるのが理想です。そのため、今は「SONY FDR-X3000」を愛用しています。

Facebookライブなどに対応

私はFacebookライブやYouTubeライブを配信しているので、ライブ配信ガジェットにも、かなり興味があります。

GoPro HERO7 BlackはFacebookライブ、Twitch、YouTubeライブに対応しているということで、GoProからのライブ配信が、今まで以上に快適になるのではと楽しみにしています。

縦動画に対応

「ポートレートモード」と呼ばれる縦動画の撮影にも対応しています。

InstagramのストーリーやIGTVなど、スマートフォンをメインに考えると、カメラを縦にして撮影するだけで簡単に「縦動画」が撮影できるのは魅力的です。

GoPro HERO7 Blackが届くのが楽しみ!

まだ手元にGoPro HERO7 Blackが届いて、自分で使ったわけではないので、最終的なレビューはできませんが、事前情報としては、かなりワクワクするガジェットです。

GoPro HERO7 Blackが届いたら、使用感をシェアしようと思います。

GoPro公式サイト:GoPro HERO7 Black – 驚異的に滑らかな 4k ビデオ

GoPro HERO7 Blackを買う参考にした動画

HERO7 Blackの機能について参考になりました。

GoPro Hero7の機能や実際に撮影された映像が参考になりました。

Sony X3000との比較が参考になりました。

スポンサード

GoPro HERO7 Blackの手ぶれ補正が凄すぎて、思わず予約購入したぞ!