スマートリモコンの「Nature Remo」を買って「Amazon Echo」と連携したら便利すぎて泣けた!

スマートリモコンの「Nature Remo」を買って「Amazon Echo」と連携したら便利すぎて泣けた!

こんにちは。遠藤(@Satoshi_Endo_jp)です。最近、スマートフォン、スマートウォッチ、スマートスピーカー、スマート家電など、スマート○○って増えましたよね。

私は、iPhone、Apple Watch、Amazon Echo、Google Homeを持っているのですが、スマートリモコンは、イマイチどんな使い道があるのかピンときていませんでした。

それでも、抑えきれない興味心から、スマートリモコンの「Nature Remo」を購入してみました。さらに、Amazon Echoとの連携もしてみたので、その感想をシェアしたいと思います。

スマートリモコン「Nature Remo」

今回、購入した「Nature Remo」というスマートリモコンには、温度センサー湿度センサー照度センサー人感センサーが備わっています。

Amazon EchoやGoogle Homeとも連携できるのが特徴です。

機能性の高さスマートスピーカーとの連携の良さから「Nature Remo」を選びました。

スマートリモコンとは

スマートリモコンは、家電(赤外線リモコンが使える)をスマートフォンやスマートスピーカーを使って操作することができるリモコンです。

スマートリモコンに、各家電の赤外線リモコンの信号を登録することで、家中の家電をまとめて操作することができます。

また外出先から家電を操作したり、自動操作することもできます。

Nature Remoと家電を連携させる

Nature Remoの初期設定と、家電の登録方法をご紹介します。

Nature Remoが届いて、箱を開けてみると、次のものが入っていました。

Nature Remoの梱包物
  • 本体
  • 説明書
  • コンセント(USB接続タイプ
  • 壁に貼り付ける用の両面テープ

早速、初期設定をしていきます。まずはiPhoneで「Remo」のアプリをインストールして、開きます。

Remoのアプリを開く

まずはメールアドレスを登録します。

Remoアプリでメールアドレスを登録する

次に名前を登録します。

Remoアプリで名前を登録する

登録したメールアドレスに登録確認メールが送られるので、確認をします。

Remoの登録確認メールが送られる

いよいよRemoをコンセントにつないで設定をしていきます。

Remoの設定する

Remoが起動したら、アプリでRemo本体のWiFi設定をします。まずはiPhoneとRemoをWiFiで接続させます。

RemoとiPhoneをWiFi接続する RemoとiPhoneをWiFi接続する2

次に自宅で使用しているWiFiをRemoで使えるように接続をします。

RemoをWiFiに接続する

アプリでWiFi接続の設定をしたら、Remo本体をタップして設定情報をRemoに送信します。

RemoをWiFi設定を送信する

Remo本体のセットアップがはじまって、WiFiに接続されます。

RemoをWiFiに接続される

RemoがWiFiに接続されればセットアップの完了です。

Remoのセットアップ完了

Remoに名前をつけることができます。Remoを複数台使う場合には、それぞれに名前をつけて、混乱しないようにすることができます。

Remoに名前をつける

Remoに家電を登録する

Remoの初期設定ができたら、iPhoneアプリでRemoに家電を登録していきます。今回はエアコンを登録してみます。

Remoに家電を登録する

「新しい家電を追加する」をタップします。

Remoに新しい家電を追加する

登録する家電の一覧が表示されるので、登録する家電をタップします。今回は「エアコン」をタップします。

Remoに登録する家電を選ぶ

エアコンのリモコンをRemoに近づけて、電源ボタンを押して、Remoにエアコンのリモコンの赤外線信号を登録します。

Remoにエアコンの赤外線信号を登録する

赤外線信号の登録がうまくできないときは、メーカーを選択して登録することができます。ありがたい機能ですね、

Remoに登録するエアコンをメーカーから選ぶ

メーカーを選択するとモデル(型番)の選択画面が表示されるので、使っているエアコンのモデルを選択します。

Remoに登録するエアコンのモデルを選択する

無事にエアコンを見つけることができました。画面に表示される「電源」をタップして、実際にエアコンの電源が入るかを確認します。

Remoでエアコンに電源が入るかを確認する

問題なく、エアコンの電源が入れば「問題なく動いている」をタップします。

Remoでエアコンに電源が入るかを確認する2

これでRemoのエアコン登録が完了しました。複数台のエアコンがある場合に、どのエアコンなのかがわからなくならないように、エアコンにも個別の名前をつけましょう。Remoアプリでわかりやすくなるように「表示アイコン」を選ぶこともできます。

エアコンに名前をつける

最後にRemoアプリがiPhonの位置情報の利用許可を求めてきます。位置情報は「外出先から帰ってきたときに自動でエアコンをつける」などに必要なので「常に許可」を選択します。

Remoに位置情報の利用を許可する

Remoのアプリに、登録した「エアコン」が表示されていればOKです。

Remoに追加したエアコンが表示される

表示されているエアコンをタップすると、エアコンの電源のオンオフや暖房、冷房、風量などを、タップするだけで操作することができます。

Remoでエアコンを操作する

Remoで家電を自動制御するルールを作る

Remoに家電を登録したら、その家電を自動制御するルールも作ってみましょう。

Remoで家電を自動制御する

今回は「外出先から帰宅したときに、自宅に近づいたら自動でエアコンの電源を入れる」というルールを作ってみます。

Remoで帰宅前に自動でエアコンをつける

まずは「いつ、なにをするか」の「いつ(トリガー)」を設定します。今回の場合は「外出先から帰宅して、特定のエリアに入ったとき」をトリガーとして設定します。

ほかにもトリガーとなる設定は、たくさんあります。部屋の室温が特定の温度よりも低くなったらエアコンをつけたり人感センサーで人の反応がなくなったらエアコンを切るとすれば、エアコンの切り忘れを防ぐこともできます。

Remoでルールのトリガーを選ぶ

今回は「エリアに入る」をトリガーとして設定をします。位置情報を元に、エリアの範囲などを設定します。

Remoのルールで「エリアに入る」を設定する

トリガーを設定したら「コントロールを追加する」で「いつ、なにをするか」の「なにをするか」に合わせて、Remoに登録した家電を選択します。今回は「エアコン」を選択。

あとは、画面右上の「保存」をタップすれば完了です。

ちなみに「エリアに入ったとき」で、最寄りの駅周辺を設定しておけば、最寄り駅についたら自動でエアコンがついて、帰宅時に部屋が暖かくなっていました。

Remoで設定したルールが起動した

Nature RemoとAmazon Echoを連携させる

最後にRemoとAmazon Echoの連携方法についても紹介しておきます。RemoとAmazon Echoを連携させれば「アレクサ、エアコンをつけて」と言うだけでエアコンのスイッチを入れることができます。

もちろん、Remoに登録しているエアコン以外の家電も音声で操作することができるようになります。これが、かなり便利なので、Amazon EchoやGoogle Homeを使っている方は、Remoとの連携をお勧めします!

まず、Amazon EchoのiPhoneアプリを開いて「スキル・ゲーム」をタップします。

Amazon Echoのスキルを追加する

スキルの検索で「Remo」のスキルを検索します。スキルが2つみつかるのですが、私は「Nature Remo Smart Home Skill」を選びました。

Amazon EchoのRemoスキルを検索する

Remoのスキルを有効にします。

Amazon EchoのRemoスキルを有効にする

Remoのログインを求められるので、Googleアカウントかメールアドレスを入力して「ログインメールを送る」をタップします。

Remoのログインをする

次にAmazon EchoのRemoへのアクセスを許可します。

Amazon EchoのRemoへのアクセスを許可する

これでAmazon Echoのスキル設定ができました。

Amazon EchoのRemoスキルの設定

次にAmazon Echoと連携するRemo(端末)を設定します。「端末の検出」をタップします。

Amazon Echoと連携するRemoを検出する Amazon Echoと連携するRemoを検出する2

Remoの端末が検出されたら「完了」をタップすればOKです。これで全ての設定が完了しました。ためしに「アレクサ、エアコンをつけて」と言ってみたところ、無事にエアコンのスイッチが入りました。

Remoに登録できなかった家電もある

部屋の照明や間接照明もRemoに登録をしようとしたのですが、赤外線リモコンのものも、うまく登録をすることができませんでした。

どうやら、各照明をスマートリモコンに対応するように、スマート電球にする必要があるようです。

音声で家電を操作できるのは便利!

そんなわけで、いまのところ「Nature Remo」で操作できるのはエアコンだけですが「アレクサ、エアコンをつけて」と言うだけで、エアコンのスイッチを入れたり(もちろんオフにすることもできます)、自動操作できるのは、とても便利です。

部屋でくつろいでいるときに、わざわざリモコンを手に持って操作する手間がなくなるのは、実際に体験すると感銘を受けました。

今後は、照明もスマートリモコンに対応するように「スマート電球」も導入してみたいと思っています。

もし、スマートリモコンに興味がある方は、ぜひ試してみることをお勧めします。生活が堕落しますよ。笑

スポンサード

スマートリモコンの「Nature Remo」を買って「Amazon Echo」と連携したら便利すぎて泣けた!