【伊勢神宮】東京から電車(新幹線と特急)で伊勢神宮を参拝してきた【熊野三山の旅:Day1】

東京から電車(新幹線と特急)で伊勢神宮へ【熊野三山の旅:Day1】

伊勢市駅からJR紀伊勝浦駅へ

伊勢市駅

伊勢市駅まで戻ってきました。私の今回の旅路は、伊勢神宮の参拝だけでなく熊野三山にも参拝にいきます。そのため、次の目的地「紀伊勝浦」に向かいます。

伊勢市駅からJR紀伊勝浦駅に行くには、まず多気駅へ行き、多気駅で「南紀5号」という特急に乗り換える必要があります。

このルートでは、伊勢市駅13:50発の電車が事実上の最終です。13:50を逃すと特急を使わないルートか、特急を使っても深夜に「新宮駅」までならつけるルートしかありません。

13:50発の亀山行き

特急を使わないルートの場合、JR紀伊勝浦駅まで約5時間かかります。しかもローカル線なので、座る席も山手線のような席です。さすがにキツイと思います。

私が今回、利用した特急(南紀5号)を使うルートだと紀伊勝浦駅まで約2時間半で着けます。

というわけで、何が何でも、伊勢市駅13:50発の電車に乗りましょう。朝の10:10に伊勢市駅について、伊勢神宮の外宮と内宮、猿田彦神社をまわっても、13:50には余裕を持って戻ることができました。

伊勢神宮の外宮と内宮を隅々までまわりたいという人には、少し時間が足りないかもしれません。

さて、伊勢市駅から多気駅へ向かいます。亀山行きは3番ホーム(鳥羽方面)です。伊勢駅は近鉄線とJR線が乗り入れているので間違えないようにしましょう。

亀山行きは3番ホーム

ディーゼル車のローカル線に約30分ほど揺られます。エンジン音とギアチェンジ(?)の音が新鮮で楽しかったです。

伊勢市駅から多気駅へ 伊勢市駅から多気駅へ2

多気駅に着いたら、ホームを移動して「南紀5号」に乗り換えます。

多気駅

ホームは閑散としていて、待っている人もほとんどいないので、本当にこのホームでいいのか心配になりますが、信じて待ちましょう。

多気駅で南紀5号に乗り換え

南紀 5号は自由席もありますが、今回は指定席を取りました。(伊勢市から紀伊勝浦駅までの乗車券:3,020円、多気駅から紀伊勝浦駅までの特急券が2,480円)

南紀5号の車内(指定席)

指定席は先頭車両で、前も横も見れて楽しかったです。他の乗客もほとんどいなくて、伸び伸びと利用できました。

南紀5号の車内(指定席)2

多気駅からJR紀伊勝浦駅までは、約2時間。駅の売店で買った地ビールを飲みながら、車窓から見える海岸線を楽しみました。

伊勢の地ビール 南紀5号からの車窓 南紀5号からの車窓2 南紀5号からの車窓3

南紀5号でJR紀伊勝浦駅に着いたのは16:42。これで、この日の移動は終了。あとはホテルに行くだけです。

紀伊勝浦駅に到着 南紀5号

紀伊勝浦駅の周辺は閑散としていた

ホテルの予約をする時から、どうも選べるホテルや旅館が少ないなと思っていたのですが、紀伊勝浦についてわかりました。

閑散としていて、温泉街の雰囲気はありませんでした。コンビニが1つあるだけ。ホテルに夕食がついていて助かりました。

JR紀伊勝浦駅 紀伊勝浦の商店街

2日目は熊野神社巡り

さて、1日目は以上です。2日目は「熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)」を巡ります。

2日目も移動が多いので、ホテルの温泉で体を癒して、早めに寝ました。

スポンサード

東京から電車(新幹線と特急)で伊勢神宮へ【熊野三山の旅:Day1】