和歌山県の新宮駅から東京まで電車で帰った【熊野三山の旅:Day3】

和歌山県の新宮駅から東京まで電車で帰った【熊野三山の旅:Day3】

2泊3日の熊野三山を巡る旅も、最終日(3日目)となりました。最終日は、ただただ東京に帰るだけです。

新宮駅から名古屋駅へ【南紀4号】

新宮駅

東京へ帰るルートは、2日目の宿泊地である「新宮駅」から名古屋駅へ行き、名古屋駅から東京駅へ「のぞみ(新幹線)」で帰ります。

まずは「新宮駅」から「名古屋駅」へ向かいます。名古屋駅へは「南紀4号」という特急に乗ります。

新宮駅(9:13発)の南紀4号に乗り、名古屋駅に着くのは12:41。そうです。約3時間半、乗りっぱなしです。

新宮駅(特急南紀4号)

新宮駅のホームには「熊野本宮大社」「熊野速玉大社」「熊野那智大社」の絵馬が飾られていました。

熊野本宮大社の絵馬 熊野速玉大社の絵馬 熊野那智大社の絵馬

他にも「ヤタガラス」の飾りもありました。

新宮駅にあったヤタガラスの看板

今回は、行けませんでしたが、熊野三山の近くには温泉地が多いので、温泉地を巡る旅もしてみたいです。

新宮駅ののりかえ案内

特急の南紀4号で名古屋へ向かう

南紀4号

南紀4号で名古屋へ向かいます。乗車時間は約3時間半もあるので、長旅です。

南紀4号でも指定席を利用しました。私の他に数名の乗客がいましたが、ほとんど空席だったので、のんびりと楽しむことができました。

南紀4号の車内 南紀4号の座席(指定席) 南紀4号の座席(指定席)2

新宮駅から名古屋駅までの乗車券は1,760円(指定席)でした。

名古屋駅で赤福と松坂牛 焼肉弁当を買って東京へ

約3時間半の旅を終えて、名古屋駅に着いたら、お土産の「赤福」と、昼食に「松坂牛 焼肉弁当」を買いました。

赤福は、新幹線の改札内にある「待合室」にあるショップで売っています。

名古屋駅の新幹線の待合室 名古屋駅で赤福を買う

名古屋駅から東京駅までは「のぞみ(新幹線)」で約1時間40分と、あっという間です。

松坂牛の焼肉弁当を美味しく頂きました。

松坂牛の焼肉弁当 松坂牛の焼肉弁当2

あいにくの曇り空だったので、富士山も雲の中で見ることができませんでした。

曇り空で富士山は見えず

熊野三山の旅 まとめ

はじめての熊野三山の旅。2泊3日で伊勢神宮まで参拝もできて、とてもよかったです!しかも電車とバスという公共交通機関のみだけで、十分に行けることがわかりました。

念願の八咫烏の神社に行けたことが何より幸せでした!

伊勢神宮、そして熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)に行ってみたいという方の参考になればと思います。

スポンサード

和歌山県の新宮駅から東京まで電車で帰った【熊野三山の旅:Day3】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください