1日で熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)を電車とバスで巡る旅【熊野三山の旅:Day2】

1日で熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)を電車とバスで巡る旅【熊野三山の旅:Day2】

こんにちは。遠藤(@Satoshi_Endo_jp)です。前回の「東京から電車(新幹線と特急)で伊勢神宮へ【熊野三山の旅:Day1】 | ヴァガボンド193」の続き(Day2)です。

2日目は熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)を巡ります。

熊野三山の旅:Day2

熊野三山とは

熊野三山とは、和歌山県の南東部にある「熊野本宮大社」「熊野速玉大社」「野那智大社」の三社の総称です。

熊野古道」とは、熊野三山を参拝する際に使われた「熊野参詣道」が、熊野古道と呼ばれているようです。

田辺から熊野本宮に向かう中辺路(なかへち)、田辺から海岸線沿いに那智・新宮へ向かう大辺路(おおへち)、高野山から熊野本宮へ向かう小辺路(こへち)が、「熊野参詣道」として世界遺産に登録されています。

熊野古道|熊野本宮観光協会

ヤタガラスを祀っている神社

熊野三山は「ヤタガラス(八咫烏)」を祀っている神社としても有名です。サッカー日本代表のエンブレムにも「八咫烏」が使われていることもあって、サッカーともゆかりがあります。

私はサッカー好きで、日本代表のエンブレムの八咫烏に興味を持って以来、一度は行ってみたい神社になっていました。

さて、それでは熊野三山を巡る旅のはじまりです。

紀伊勝浦駅で宿泊したホテルを出たところ

紀伊勝浦駅から熊野那智大社と那智山青岸渡寺、那智大滝へ

紀伊勝浦駅からバスで那智山へ行く

まずは熊野那智大社へ向かいます。熊野那智大社のある「那智山」は、那智山青岸渡寺那智大滝も隣接しています。

熊野那智大社へは紀伊勝浦駅からバスが出ています。紀伊勝浦駅を出たところにロータリがあって、「滝の湯」という足湯があります。

紀伊勝浦駅の滝の湯 紀伊勝浦駅の足の湯

紀伊勝浦駅から熊野那智大社方面に向かうバス停というか、バスターミナルですね。

紀伊勝浦駅のバス停

熊野那智大社に行くには「那智山」行きのバスに乗ります。降りるのも「那智山」です。ほぼ1時間に1本しかないので、注意しましょう。

那智山行きのバス時刻表

那智山までは片道620円です(Suicaは使えない)。往復割引乗車券(1,000円)も発売されているので利用してもよさそうです。

那智山の往復割引乗車券

今回は、熊野三山を1日で周るため朝7時25分発のバスに乗車しました。那智山までは約30分ほどで着きます。

那智山行きのバス停

帰りは「紀伊勝浦駅 行き」のバスに乗るので、時刻表を確認しておきます。こちらも本数は多くありません。

紀伊勝浦駅行きのバス時刻表

「那智山」のバス停から、少し道を戻ると「参道入口」の看板が見えてきます。

那智山の参道入口

ちなみに熊野那智大社、那智山青岸渡寺、那智大滝の全体マップはこんな感じです。

那智山の参拝道案内

熊野那智大社を参拝

まずは熊野那智大社へ向かいます。参道入口から、階段を登っていきます。かなり登るので体力的にキツかったです。

熊野那智大社

熊野那智大社からの景色は登ったぶん、良かったです。

熊野那智大社からの景色

熊野那智大社 那智御瀧 飛瀧神社

熊野那智大社の正面向かって左に「八咫烏」を祀っている神社があります。

熊野那智大社の八咫烏

熊野那智大社でも御朱印をいただきました。熊野三山には「熊野牛王神符」という「カラス文字で書かれた特有の御神符」があります。写真はありませんが、熊野那智大社でも頂きました。

熊野牛王神符 – 熊野本宮大社 | 公式サイト

熊野那智大社の御朱印

「胎内くぐり」という御神木にある空洞を護摩木(300円)を持って通り抜けることができるので、私も通り抜けてきました。

熊野那智大社の胎内くぐり 熊野那智大社の御神木

那智山青岸渡寺へ

続いて熊野那智大社のとなりにある「那智山青岸渡寺」に行きました。隣接しているので徒歩0分です。

那智山青岸渡寺

那智山 青岸渡寺 – 那智勝浦町観光協会

那智山青岸渡寺でも御朱印をいただきました。

那智山青岸渡寺の御朱印

那智大滝へ

那智山青岸渡寺を参拝したら、那智大滝(世界遺産)へ向かいます。那智山青岸渡寺からは徒歩15分ほどです。

那智山青岸渡寺の三重塔へ向かっていくと、那智大滝も見えてきます。

那智山青岸渡寺の三重塔

そのまま道を下っていくと「那智滝の前」のバス停に着きます。

那智大滝のバス停付近 那智の滝ガイド

その先に「那智大滝」への参道があります。

那智大滝の参道

杉林の中を歩いていくと「那智大滝」があります。とても神聖な空気が立ち込めて、なんとも美しい滝でした。

那智大滝への道 那智大滝

ちなみに「那智大滝」には「熊野那智大社別宮飛瀧神社」があり、御朱印をいただけます。

飛瀧神社の御朱印

那智山の参拝を終えたので、バスで紀伊勝浦駅へ戻ります。

わざわざ「那智山」のバス停まで戻らずに「那智滝の前」のバス停から、帰りのバス(9:11発)に乗って、紀伊勝浦駅へ帰ってきました。

那智山での滞在時間は約1時間ほどでした。プラス30分ほどあると丁度いいかもしれません。

紀伊勝浦駅から電車で新宮駅へ移動

次の目的地である「熊野速玉大社」「熊野本宮大社」は新宮駅を起点に巡ることになります。

紀伊勝浦駅から「新宮駅」までは、いくつか移動ルートがあります。

  1. 電車で紀伊勝浦駅から新宮駅へ行く
  2. バスで新宮駅へ行く
  3. 熊野本宮大社方面行きのバスに乗る

電車で紀伊勝浦駅から新宮駅に移動するには、電車の本数が少ないので注意しましょう。

紀伊勝浦駅の時刻表

バスで新宮駅へ行く場合も本数が少ないので注意してください。バスの場合は新宮駅までの所要時間は約1時間です。

新宮駅行きのバス時刻表

1日に1本だけ熊野本宮大社方面行きのバスがでています。10:10発のみですが、これに乗ってしまえば、熊野本宮大社までいくことができます。

熊野本宮大社方面行きのバス時刻表

今回は、9:40ごろに紀伊勝浦駅に戻ってきたので、どのルートでも選べたのですが、電車で新宮駅へ移動(きのくに線で約20分)しました。

紀伊勝浦駅から新宮駅へ

次のページでは「熊野速玉大社」「熊野本宮大社」「神倉神社」をめぐります。

スポンサード

1日で熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)を電車とバスで巡る旅【熊野三山の旅:Day2】